YouTube収益を動画やコンサート観覧やDVD購入に還元するスタイルが心地よい

10 BABYMETAL BUDOKAN (通常盤DVD)
トイズファクトリー
¥6,600(2024/04/18 01:37時点)

YouTubeなんてものは、数字に媚びないのが一番楽しいのです。

ある程度気にするのは必要だけど、やりすぎも良くない。

僕らはYouTubeはエネルギー量30%でやってます。

 

2024年のYouTube。

アルゴリズムも変わってくるようですね。

ただ、それらに関してはもう数年前から予想してた事なので特に驚きはなし。

 

アルゴリズムとは、順位決定の為のルールとか仕組みと思ってもらって結構です。

最近はYouTuberも増えるに増えて、

同じような動画が多く出てくる時代になりました。

こうなるとより細かく正しく順位決定をしないとYouTubeの存続にも関わります。

 

1つ言えることは以前よりも「内容」が重視される時代になってきます。

沢山ある同じような動画の中から選んでもらうには個性が重要。

ここでこの先数年でどうなっていくかを予想すると・・・

 

Wiki等をなぞるだけの動画は排除傾向へ。

切り抜き系は全滅で、重複コンテンツの排除がより厳しくなる。

ゆっくり実況も排除傾向に。

ということです。

そのうちAIが会話を判断して、会話すら重複しているものがあれば順位が下がる

2番、3番煎じの場合はよりコンテンツを充実させないと上に来ない。そんな時代が来ると思います。

 

我々のチャンネルに最近よく来る意見。

アーティストの事だけずっと擦っておけばいいのでは? ですが、

それをすると僕らの本来の目的が達成できないので、

何気ない話なども半分盛り込んで動画を公開しております。

YouTubeで稼ぐのはRoom3のバンド活動の費用で、YouTubeで生活費を捻出してるわけではないので💦

少なければ少ないなりにどーにでもなるんですよね😓

 

アーティストの話題も年月が経てばたつほど使い古されてゆく、

そしてその形式の動画が飽きられるのは確実です。

その時にいきなり方針を転換すると今までの視聴者は見なくなる。

ゼロからやるのと同じ状況になってゆきます。

 

なので、細かく自分たちの話題、しょーもない話を入れるのは、

再生数よりも重要な役割を果たしています。

そのお陰でワンマンライブが出来ているというのもあるのです。

コミュニティー化が目的です。

 

通常の2万人程度のYouTuberでは大阪から東京に遠征してのワンマンライブなど、

恐らくできないと思います。

僕らは再生数も大事ですが、それよりも視聴者さんとのコミュニケーションが大事で、

みんなで楽しく末永くやる。これが目的なのです。

 

リアルにお金を使ってライブに行ったり、

記念日の配信は豪華にしてみたり、

YouTubeで頂いたお金をYouTubeやコンサート、ライブやレコーディングの費用に使用してます。

特に普通ならあれだけ遠い所へコンサート行くのは大変ですが、YouTube収益をアーティストのコンサートに行く費用にしてるので、これはなかなかいい還元かな~と思ってます(^^)/

YouTubeで稼いだものはRoom3や動画の為と視聴者さんの為に使う。

全員生活は自分の仕事で面倒見てます。

 

生活費とYouTubeが直結してしまうと、数字ばかり追いかけるようになります。

それで最初は伸びたとしても、長くは続かないので悲壮感が出ます。

伸びるネタを毎回擦ればある程度は再生取れますが、

それもすぐに飽きられてしまいます。

そもそも僕自身そこまで媚びてやるのも嫌な性格なもので・・・

そうなると、ネタありきのチャンネルになって、

自分達に興味を持ってもらえる割合がさらに低くなります。

 

YouTube的には伸びる動画を連発するのは正しいのだとは思いますが、

僕はそうとは思ってません。

本当はアレをやればもっと伸びるのに~と思う事はありますよ。

でもそれはどこまで行っても頓服薬でしかない。

僕はもっと長いスパンで考えているのと、

皆さんとのコミュニケーションやリアルでの活動を目的としているからです。

視聴者さんの見たいものをなるべく均等にやりたいんです。

なので、のんびり楽しく、ちょっとだけ気張ってやる感じです。

何事もバランスが大事!

これは口酸っぱくなる程言ってることです。

コメント

  1. 「頓服薬でしかない」まさに
    はじめは気になる回しか見ていませんでしたが、何となく日常化するとアップされたら見るに変わり始めていますが、喋りがしっかりされているのでラジオを聴く感覚で何かしながらの視聴(聴くだけやん)が増えてきておりますね。
    贅沢を言わせていただくと、尺が少し長めかなと思うこともありますね

    • ありがとうございます♪ YouTubeは今はロング動画傾向ですね 長いのもあれば短いのもあるような、いろいろ工夫していきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました